M&A全般

成功事例から学ぶ! M&A成功のポイント

前回紹介した高階さんの事例は、業界再編時代のM&Aをまさに体現し、多くのメリットを手に入れることができた好例といえるでしょう。

今回は、高階さんの経験からM&Aの成功に至るプロセスを、ひとつずつ整理をして見ていきましょう。

 

 

1.M&A​について学ぶ

 

高階さんは、特に何の問題もなく、地元の名士として80年以上続く老舗の会社の経営をしていました。

しかし経営者としてのDNAともいうべき“会社を成長させる”“会社を変えたい”という2つの思いからM&Aについて学ぶためにセミナーに参加しました。変化の激しい時代だからこそ、守りに向かわず、攻め続けるという姿勢と情熱は経営者にとって大切な資質でしょう。

 

 

2.会社の現状を把握する

 

自社の株価を算定し、正確な企業価値を知ることはとても大切です。客観的に自社の状況を把握し、その上でさまざまな戦略を実行すべきです。

また企業の譲渡を検討していても、株価が思うような数字ではなかった場合、「これから頑張って会社の業績を上げて株価を良くしてからM&Aを検討する」という経営者がいます。

 

しかし、従前のやり方で本当に業績を飛躍的に上げることができるのでしょうか。

答えはノーです。

 

経営者は日々、会社を良くしようと努力しているはずです。その努力にもかかわらず、業績が下がっている会社は現に存在しますが、その会社が業績を1、2年で大幅に回復できる例はほとんどありません。

大抵の場合、さらに悪くなってから駆け込み相談にいらっしゃるケースがほとんどです。また業績が良くとも20年、30年と経営してきた会社の価値は1年でそれほど大きく変動するものではないのです。

 

高階さんは当初、買い手としてセミナーに参加されました。

しかし、M&Aの現実を知って自分は売り手なのだということを認識されたといいます。まずは専門家の株価診断を受けて会社の現状を把握し、的確な判断をすることが重要です。

 

 

3.業界の現状を知りタイミングを逃さない

 

会社の株価が、自分が思うよりも低いと感じた高階さんは一度M&Aをあきらめます。しかし、高階さんの会社に興味を持った会社が、全国に300社もありました。

 

 

これほど多くの会社が高階さんの地元密着型の調剤薬局に興味を示した理由はどこにあるのでしょうか。

高階さんの調剤薬局の業績が安定していたことはもちろんですが、調剤薬局業界が再編真っただ中で売り手市場のピークにあったため、買い希望が殺到したのです。

 

しかも最終的には、算定していた株価よりもはるかに高い数字を買い手企業が提示しました。これは絶好のタイミングを逃さなかった高階さんの勝利といえます。

もし、あのとき高階さんが単なる「数字」だけを見て判断をしていたら、会社の「本当の価値」を知らずに、数年後は業界再編の波にのまれて苦しい経営をしなければいけないことになっていたでしょう。

 

 

業界再編部 物流業界支援室

宮川 智安

群馬県出身。実家は七代続く水産業の卸売。早稲田大学卒業。大学時代は競走部に所属(400mで全国IH準決勝)、2020年新卒で日本M&Aセンターに入社し、全国の物流業界を専門にM&A業務に取り組む。

群馬県出身。実家は七代続く水産業の卸売。早稲田大学卒業。大学時代は競走部に所属(400mで全国IH準決勝)、2020年新卒で日本M&Aセンターに入社し、全国の物流業界を専門にM&A業務に取り組む。

最近のトピックス