MENU
CLOSE

成約実績

物流

M&Aにより関東の配送拠点を獲得し、エリアを拡大

  • 【譲渡企業】A社 関東 運送業 / 【譲受企業】B社 東北 運送業
  • 売上
    5億

譲渡企業A社は関東エリアに本社を置く運送業。自社で倉庫と土地を持っており、中部、関西にも小規模な倉庫を持っていたため、倉庫を活かした仕分け配送を行い関東一円をカバー、大手取引先などからも高評価を受けていた。60代の社長は息子が2人いるが、会社を継ぐ意思がなく実質後継者不在ということで、日本M&Aセンターに相談をいただいた。ご相談時、赤字がつづいており、実質債務超過状態で資金繰りも逼迫している状態であった。
譲受企業B社は東北エリアに本社を置く運送業。関東に営業拠点はあるものの、配送拠点が関東になかったため、本格的に関東へ商圏を広げるために、実運送ができる企業のM&Aを検討されていた。

マッチング・相乗効果

譲受企業B社にとっては、これまで関東に営業拠点があり顧客を持っていたものの不安定な傭車に頼っていたため、実運送ができるようになったのは大きなシナジーの一つ。譲渡企業A社にとっても、従業員の雇用および会社商号が存続できただけでなく、本件M&Aを機に利益のでる荷主の荷物を運べるようになり、利益率の改善を図ることができ、黒字化を実現できた。