調剤薬局

調剤薬局

【調剤薬局インタビュー】2人の譲渡オーナーに聞いた、M&A後の生活

みなさまは、引退後の生活がどのようなものになるとお考えでいらっしゃいますでしょうか?今まで忙しくてあまりできなかったゴルフをしたり、趣味の釣りに熱中したり、旅行で国内を回ったり、野望はたくさんあるかと思います。わたしは自分が譲渡をお手伝いさせて頂いた元オーナー経営者様とはできる限り、譲渡後も定期的にお会いさせて頂くようにしています。たいてい、食事に連れて行って頂くことが多いのですが、そこでお伺いさせて頂いた元オーナー経営者様の“いま”について少しお話をさせて頂きたいと思います。

調剤薬局

【調剤薬局業界M&A事例】3代目の老舗だからこそ株をきっちり把握する

私が3年前に譲渡をお手伝いしたA社のことです。その市町村では知らぬ人はいない名門の3代目で、息子は東京の病院の勤務薬剤師、娘は自社の薬剤師として勤務しており、社長も50代と若く、後継者候補もいることから、今すぐ譲渡しなければいけない理由はありませんでした。

調剤薬局

【調剤薬局業界M&A事例】経営状況が良いタイミングだったからこそ実現したM&A

譲渡企業である薬局の40代H社長は、九州出身で大学を卒業後、地元のチェーン薬局にて薬剤師として勤務した後、フランチャイズ契約での薬局運営を経て、3年前にその薬局の営業権を買い取る形で独立。譲渡企業である 譲受企業であるZ社は、西日本で多店舗展開している中堅薬局です。

調剤薬局

【調剤薬局業界M&A事例】地元に根差した薬局と社長の思いが受け継がれた地域内M&A

埼玉県にある桶川駅を出たところに桶川ショッピングセンターマインという商業施設があります。また処方箋だけでなく、店頭に並んでいる栄養ドリンクや化粧品、OTC医薬品などの商品も、気軽にお客さんに買っていただけるような店舗で、創業当初から多くのお客さんに愛されてきました。

調剤薬局

『兵庫県からM&Aで全国展開へ』阪神調剤ホールディングのM&A

阪神調剤ホールディングは、1976年の創業以降、約40年間患者さま第一を貫き店舗数を増やしている調剤薬局業界のリーディングカンパニーであり、全国展開している保険薬局チェーンの中でも最も長い歴史を持つ企業のひとつです。

さらに2012年には阪神調剤ホールディング株式会社を設立し、グループ会社とともに日本の地域医療を支えるリーディングカンパニーとして全国で調剤薬局を運営しています。


M&A・事業承継無料相談受付中!0120-691-787
M&A・事業承継無料相談受付中!0120-691-787
  • ▼ Webから無料相談はこちら
  • 譲渡(売却)をご検討中の方 売却希望の事業者様、事業承継先をお探しの事業者様はこちらからお問い合わせください。
  • 譲受(買収)をご検討中の方 買収希望の事業者様、事業を承継いただける事業者様はこちらからお問い合わせください。