MENU
CLOSE

コンサルタントインタビュー

コンサルタントインタビュ―
業界再編部 部長 瀬谷 祐介

2021.4.1

Facebook Tiwter LINE

瀬谷 祐介【せや・ゆうすけ】 業界再編部 部長

略歴
1984年生まれ、北海道出身。
外資系金融機関を経て日本M&Aセンターに入社。
業界再編部の立ち上げメンバーであり、現在はIT業界の責任者として、中小零細企業から、上場企業まで数多くの友好的なM&A、事業承継を実現している。
これまで主担当として70件以上を成約に導いており、国内有数のM&Aプレイヤーの一人である。東芝情報システムとデンソーとの資本提携等を手掛けた。
顧客満足度日本M&Aセンターコンサルタント約500名中1位

国としても重要度が増すIT業界

日本国内の労働人口や企業数の減少で、どの業界でも生産性の向上が求められる中、IT業界に求められる役割も大きくなっています。IT業界内での再編も活発で、今後は自社サービス・製品を生み出す企業、ユーザー企業のDX化を共に実現する企業、前述の2社のような企業を技術力で支える、開発特化型の企業、の3カテゴリに大きく集約、再編されていくと考えています。
近年の国内のM&A件数(資本提携含む)の3分の1をIT業界が占めており、実際に私が経営者の方とお話しする中でも、他業界と比較し、M&Aを一般的な経営手法として普段から意識している方が多いように感じています。また、譲渡した後もそのまま経営者として残られるケースも多く、M&A後に、買手企業の役員に就任される方などもいらっしゃいます。譲渡企業のオーナーの年齢は他業種の平均と比べても10歳程度若く、中には20代で会社を譲渡し大手との連携を選択される方もいらっしゃいます。
IT業界ではこれまで同業同士のM&Aが多かったのですが、ユーザー企業が自社のDX化を推進するために、IT企業を譲り受けるような異業種間の動きも広がっています。DX化により生産性を向上させることは、どの業界にとっても不可欠であり、IT企業はそれをサポートし、延いては今後の日本の成長を支える根幹となります。そのため、IT企業がより自社のレベルを高めるために、M&Aにより他社と手を組んで成長して行く動きは必然的に増えるでしょう。
また、IT業界には日本の「モノづくり」の心を大切にしている方が多く、自分たちのサービスを作りたい、技術を活かして顧客や社会に貢献したいという思いを持った経営者、技術者の方が多くいらっしゃいます。我々としては、M&Aによってその思いを実現するサポートをしていきたいですし、日本の技術者が活躍できる場を広げていくことが使命と考えています。

ベストなM&Aに導く当社のIT業界ネットワークと業界実績

私は入社以来、70件超の友好的なM&Aの成約を主担当としてお手伝いし、日本のIT業界においては恐らく一番実績を持つ現役のM&Aプレイヤーであると自負しています。
2018年には、画像解析人工知能(AI)のスタートアップ・株式会社Ristと京セラコミュニケーションシステム株式会社のM&Aをサポートしました。当時Ristは設立2年目、正社員2名と大学のインターン生が中心の会社だったのですが、自社のサービス、技術をより早く世の中に広めるために、大手とのM&Aを実現。グループに入った後も創業者の想いは受け継がれ、文化や社風はDNAとしてそのまま残しながら、社員数も売上も加速度的に成長、M&Aによって更なる発展を実現しました。
当社にはIT業界に特化したチームがあり、上場企業から未上場の中堅企業まで、ほぼすべてのM&Aニーズのある譲受企業様とのネットワークを持っています。日々の情報交換や、これまでの実績から、どのような企業が過去にどのような評価がされたか、譲渡企業様が持つ価値を、どの企業が一番引き出し、高く評価してくれそうかの検討をつけられるため、譲渡をお考えのオーナー様にとって、当社にお任せいただくことがベストな条件で、ベストなお相手を探すことにつながるという自信を持っています。

「いい仕事がしたい」という思いにつきる

私は金融機関から当社に転職したのですが、自分が考えれば考えるだけお客様のためになり、その企業や社会の役に立つ仕事がしたいと思いがありました。当社では日々オーナーの方と向き合っており、M&Aという人生の転機に携わる身としては、一言で言うと、とにかく「いい仕事がしたい」という思いにつきます。
オーナーにとって会社はまさにその人の人生を表します。オーナーに寄り添い、生まれ育った環境や創業の背景、事業に込める想い、そして今日に至るまでの人生を本当の意味で共有し、その方のベストな選択は何なのか、そもそもM&Aが本当に良いのかも含めて、心から良いと思えるご提案を心がけています。そうした結果が、当社の顧客満足度調査で社内1位の評価をいただくことにも繋がっていると思っています。
今後もこれまでの経験や知見を活かしながら、お客様にとって、本当にベストなM&Aができるアドバイザーを目指し続けていきます。

■瀬谷との面談をご希望の方はこちらからお申し込みください■
お申し込みフォーム

外資系金融機関を経て、日本M&Aセンターに入社。業界再編部の立ち上げメンバーであり、2012年から、調剤薬局業界・IT業界を中心に、中小零細企業から、上場企業まで数多くの友好的なM&A、事業承継を実現している。これまで主担当として70件以上を成約に導いており、国内有数のM&Aプレイヤーの1人である。顧客満足度評価は、日本M&Aセンターのコンサルタント約500名中1位。

業界再編部 部長
瀬谷 祐介