双方にメリットをもたらす
病院医療業界M&A

病院医療業界M&Aは、譲渡側の後継者問題を解消するだけでなく、譲受側にも次のようなメリットがあります。

譲渡側にとっての
メリット

後継者問題の解決

子どもがいない場合や、子どもが非医師のケース、従業員医師への承継が困難な場合など、後継者不在でも事業を承継できます。子どもが自由に職を選べるほか、医師であっても開業や勤務医を目指すなど、ライフプランを尊重できます。

創業者利潤の確保

M&Aにより病院を売却することで、譲渡企業の創業者は事業の現金化を行うことができ、それが出身持分を上回る場合には、創業者利潤を得ることができます。

個人保証、担保提供からの解放

病院の改修・改築、CT・MRIなど医療機器の進歩による買い替えや新設投資、電子カルテなどITへの投資など、病院経営は先行投資による金融機関からの借入が多額です。事業承継により、これらの個人補償や経営責任から解放されます。

医療へ集中、専念できる

労務管理や資金繰りなど、経営者として従事しなければならない業務の負担が消滅し、より良い医療サービスの提供に専念できます。

譲受側
とってのメリット

病床獲得による地域参入

受け入れ患者層やエリアを広げたい医療法人や病院が、新たに医療施設を開設する必要なく、スピーディーに事業を拡大することができます。M&Aなら、新規開設が認められない病床過剰地域でも、事実上の新規参入が可能です。

自前での施設間連携構築

地域における予防、健診、急性期、回復期、慢性期、在宅療養といった切れ目のない医療サービスの提供を目指し、自社に必要な機能(施設)を獲得できます。

規模拡大による経済的メリット

系列病院一括での設備投資や在庫管理、病院間の人材の異動が容易に。ムダのない設備・人員の配置が可能になり、コストや人件費の削減にもつながります。

地域での存在感強化

承継した病院がある地域の患者や利用者の流入増加が見込めます。また、医師や看護師など、有資格者の確保も比較的容易になります。

複数の病院を持つ医療法人の傘下に加わることで、地域住民が安心して暮らすための医師・看護師の確保が比較的容易になり、経営改善とともに医療サービスの質が期待できます。医療の存続により、地域住民への責任が果たせます。

次は「介護業界のM&A」へ

M&A・事業承継無料相談受付中!0120-691-787
M&A・事業承継無料相談受付中!0120-691-787
  • ▼ Webから無料相談はこちら
  • 譲渡(売却)をご検討中の方 売却希望の事業者様、事業承継先をお探しの事業者様はこちらからお問い合わせください。
  • 譲受(買収)をご検討中の方 買収希望の事業者様、事業を承継いただける事業者様はこちらからお問い合わせください。