IT・ソフトウェア

IT業界M&Aは過去最高件数を更新、6年連続増加 ―2016年ITソフトウェア業界のM&A総括(1)―

過去最高件数を更新、6年連続増加

2016年の日本のITソフトウェア業界のM&A件数は622件(前年比116.9%)と国内全業種中で最も多く、昨年の過去最高件数を更新し、6年連続で増加している。全業種合計のM&A件数は2652件(前年比109.2%)であり、日本国内全体としてM&Aは増加基調であるが、ITソフトウェア業界においては更に増加が顕著である。

ITソフトウェア業界M&A件数推移 (レコフデータベースより日本M&Aセンター作成)

ITソフトウェア業界M&A件数推移 (レコフデータベースより日本M&Aセンター作成)[/caption]

 

 

第4次産業革命時代への布石、多重下請ピラミッドの縮小が要因に

買収企業側の要因としては、特需とも言われる金融機関や官公庁の旺盛なシステム開発需要による好業績、過去最大に積み上がった企業の潤沢な内部留保資金、ゼロ金利政策による資金調達の容易さ等を背景に、リスク許容度が増し、将来成長への布石として、またAIやIOTなどの技術革新による第4次産業革命時代の業界環境変化への対応として、自社にないリソース(技術、製品、サービス、人材)をM&Aで獲得しようとする企業が増えたがことが挙げられる。

譲渡企業側の要因としては、IT業界に限った話ではないが、経営者の平均年齢が上昇し、企業の後継者不在問題によりM&Aによる事業承継を決断されるケースが増加していると共に、IPOを目指していた若い経営者が、M&Aにてイグジットする例も年々増えてきている印象だ。また受託開発業界においては、クラウド化の普及や、技術革新、派遣法の改正等が影響し、業界の多重下請構造の縮小が見込まれる中、特に中堅中小企業での再編が進んでいる。

 

※当ホームページに掲載されている文章・画像・その他の、無断転載・転用を固く禁じます。
リンクや転載を希望される方は株式会社日本M&Aセンターへご連絡ください。

業界再編部 物流業界支援室

宮川 智安

群馬県出身。実家は七代続く水産業の卸売。早稲田大学卒業。大学時代は競走部に所属(400mで全国IH準決勝)、2020年新卒で日本M&Aセンターに入社し、全国の物流業界を専門にM&A業務に取り組む。

群馬県出身。実家は七代続く水産業の卸売。早稲田大学卒業。大学時代は競走部に所属(400mで全国IH準決勝)、2020年新卒で日本M&Aセンターに入社し、全国の物流業界を専門にM&A業務に取り組む。

最近のトピックス