MENU
CLOSE

動画で学ぶM&A

売上10億未満の受託開発ソフトウェア業におけるM&A戦略 (2021年9月29日)

日本のIT業界ができて約50年、その市場規模は年々増加の一途を辿っており、現在は20兆円を超える市場規模を誇る成長産業となっている。1980~1990年代の間に爆発的に企業数が増えたこの業界は、現在、第一世代のオーナーの高齢化が進んでおり、業界の再編が起こっている。国内のIT業界のM&A件数は1000件を超えコロナ禍でもその勢いは衰えなかった。なぜIT業界でM&Aが増えているのか?IT業界のM&A2.0を考える。

《講師》日本M&Aセンター 業界再編部 IT業界支援室 室長 上席課長 竹葉 聖
公認会計士試験合格後、監査法人トーマツを経て、日本M&Aセンターに入社。前職での会計知識と、IT業界についての知見をもとにM&A業界で最もITソフトウェア業界のオーナーと接触しIT業界のM&A業務に注力している。18年は京セラコミュニケーションシステム株式会社と、AIベンチャーの株式会社RistのM&Aを手掛けた。

会員ページでは、業種別のお役立ち資料を限定公開しています。
閲覧・ダウンロードをご希望の方は、
以下のフォームより会員登録してください。