MENU
CLOSE

採用情報

M&Aは未経験の
異業種トッププレイヤーが集う
「最高峰の挑戦の場」

M&Aコンサルタントとは、調整役として譲り受け側と譲渡側のギャップを埋めていくのではなく、自分が提示する『業界のあるべき姿』に共感・納得してもらい、自分が描いた理想の姿での成約を目指す仕事です。
当社が求める人材は、顧客である経営者の人生に共感できるウォームハートと冷静にビジネスを遂行できるクールヘッドの両方を持つ人。仕事を通じて社会に貢献したいという強い気持ちを持つ人。一流のビジネスパーソンになりたいという上昇志向を持つ人です。

現在、事業承継とM&Aが注目されている。そんなM&A業界のリーディングカンパニーとして知られるのが、日本M&Aセンターだ。就職先として見たときは「年収が高い」「専門性が高い」というイメージを持つ人が多い。 しかし、「中の人」たちの意見は違う。「異業種のトッププレイヤーが未経験から活躍している職場」「ハードさ、やりがいも含めて、ビジネス界のエッセンシャルワーカーだと思う」「M&A業界という新しい業界を作り上げている過程だ」と言うのだ。M&Aプレイヤーとは、どんな仕事なのか。日本M&Aセンターで働くとは、どういうことなのか。最年少で取締役になったM&Aプレイヤーの渡部恒郎氏と、社員の採用・育成を担う人材戦略部の中村健太氏に聞いた。
※エッセンシャルワーカー:社会で必要不可欠な仕事に従事する者