MENU
CLOSE

M&Aレポート

【開催報告】物流業界オンラインセミナー 特別対談
『物流のプロとM&Aのプロが考える 人材戦略セミナー』

2021.4.27

  • 物流
  • セミナー

Facebook Tiwter LINE

2021年度の物流業界オンラインセミナー第一弾として、『物流のプロとM&Aのプロが考える 人材戦略セミナー』と題し「採用とM&A」をテーマにしたオンラインセミナーを開催いたしました。
人手不足が慢性化している物流業界においてドライバー採用は成長へのボトルネックとなっており、多くの経営者の方より採用や人材活用についてのご相談を受けておりました。
このようなお悩みにお応えすべく2021年度最初のセミナーは人材採用をテーマに、圧倒的な採用力を誇る山岸運送株式会社の山岸取締役より同社の人材戦略について解説いただきました。
全国各地からオンラインにて数多くの経営者の方にご参加いただいた本セミナーについてレポートいたします。



【登壇者】

講師:山岸運送株式会社 取締役 山岸 龍大 氏 
高校時代二年連続甲子園出場。大学在学中にアメリカ留学を経験し、経営に対し憧れをいだき大学卒業後経営コンサルティングファームの船井総合研究所に入社。全国の中小物流企業のコンサルティングを100社以上手掛け、2019年より実家の山岸運送株式会社の取締役に就任。社会人野球チームの山岸ロジスターズや積極的なWeb戦略で同社の成長を牽引している。



講師:日本M&Aセンター 業界再編部 物流業界支援室 
M&Aアドバイザー 河田 航佑
慶應義塾大学経済学部卒業後、2018年4月日本M&Aセンターに新卒入社。専門はヘルスケア業界や物流・運送業界。2018年の入社以来主担当としての成約件数は10件を超える。東日本の地域ナンバーワン企業の譲渡や外資系企業と日本企業のクロスボーダーM&Aなどを主担当として従事し、2020年3月期新人賞を獲得。


初年度で50人の応募を集めた新卒採用戦略

最初のパートでは山岸運送株式会社独自の採用戦略である社会人野球チームの「ロジスターズ」を用いた採用手法を解説いただきました。
 社会人野球チームであるロジスターズ創設の背景には、M&Aを機にスポーツ事業を開始した代表取締役の山岸一弥氏の地元を盛り上げたいという思いと、二年連続甲子園出場し野球界に豊富な人脈を持つ山岸取締役の存在もロジスターズの創設に大きな力となりました。
 第一期生となる2017年卒を対象にした新卒採用では約50名の応募を集め、25名が山岸運送グループに入社するなど、物流業界では珍しい大卒の新卒採用に成功しています。
 若い選手の活躍や仕事ぶりなどは荷主企業や配達先の顧客から非常に評価が高く、山岸運送の知名度も向上するなど企業アピールの一環としても成功しています。

緻密に設計されているWebサイトを活用した中途採用戦略

山岸運送では新卒採用だけでなく中途採用にも独自の戦略を用いています。特に自社媒体であるホームページを用いた緻密な採用戦略を行っています。
 一般的な採用活動では様々な求人媒体から応募を集めることが多いですが、山岸運送ではどの媒体から入ってきても自社のホームページに誘導するような戦略をとっています。自社のホームページに誘導することでアクセス数などの定量的な採用データを取得することが可能になり、様々な施策を実施することが可能になります。
 YouTubeなどのSNSの活用は知名度向上も狙いの一つですが、社内の雰囲気や仕事の内容を伝えるという狙いもあり入社後に感じるギャップをなくし退職者を抑えるという効果も期待できるとのことです。このように山岸運送のWebサイトやSNSを活用した採用戦略は緻密な設計のもと運用されており、多くの人材を採用しています。
 

人材が活躍するフィールドを増やす友好的なM&A

採用した優秀な人材を積極的に活用するためには、会社が成長しポストを増やしていくことが必要です。そのための戦略として友好的なM&Aは有効です。
M&Aによりグループの規模が拡大し社員の活躍の場が増えることで、従業員のモチベーションが向上しグループ全体がより良い雰囲気で成長していくことができます。
山岸運送も東海YMトランス株式会社をグループに迎えて以降、両社の優秀な人材を積極的に登用することで1社では無しえなかった成長を実現することができました。 
M&Aによるグループの成長とその舞台で活躍する人材の活用を両立することで、グループのより一層の発展に繋がるのです。

主体的な採用戦略が成長を実現する

人手不足が慢性化している物流業界において採用という課題は切っても切り離せないものですが、山岸運送のように主体的な採用戦略を行うことでその課題を解決することができます。
 人材が枯渇する時期に決まって募集をかけるのではなく、新卒採用や自社媒体の活用といった主体的な戦略で採用を平準化することで人材不足から解放されます。
 さらに常に人材が豊富な会社は躊躇することなくM&Aなどの成長戦略を実行することができ、会社のさらなる発展を可能にします。主体的な採用活動は企業の成長を支える重要な戦略になるのです。


日本M&Aセンター運送業会支援室では、M&Aをはじめ、運送業界に特化した専門チームが毎月オンラインセミナーを開催し、積極的に情報提供をしています。
次回は物流企業のDX化を手掛けるAzoop社「DXとM&A」をテーマにしたセミナーを行います。


【物流業界】いまさら聞けないDXとM&A~物流企業必須の2軸の戦略~
5月21日(金) 18:00~19:00

引き続きM&Aを通じて、数多くの中堅・中小の物流企業と接してきた経験と知見を生かし、より多くの企業と経営者のお役に立てれば幸いでございます。

=====================================================================
見逃した方、ご質問等がある方、山岸様へお伺いしたいことがある方はこちらにお問い合わせください。