MENU
CLOSE

M&Aレポート

【<終了>セミナー開催のお知らせ】
コロナ後に備えて経営者が考えるべき”経営”と”お金”の話

2021.6.17

  • セミナー

Facebook Tiwter LINE

コロナ収束後に必要となる知見を「経営」「M&A」「お金」のプロである3人より、
全ての経営者様にお届けするセミナー


開催情報 オンラインセミナー(7/8)


世界にパンデミックをもたらした新型コロナウィルス。各業界の経営者の方々にとってもハードな状態が続いている。
ワクチンの普及によって日常が戻ることを願いながらも、コロナ後に新たなスタートを切るために経営者に必要な知見を「経営」「M&A」「お金」とりう切り口でご紹介する。

M&A業界の第一人者であり、自身も時価総額1兆円企業の経営の指揮を執る日本M&Aセンター代表取締役社長三宅卓、日本最大級の宅配ポータルサイト 「出前館」元社長であり現日本M&Aセンター専務執行役員中村利江、レオス・キャピタルワークス代表取締役会長兼社長 最高投資責任者(CIO)の藤野英人氏。

経営、M&A、お金のプロである3人より経営者に向けたメッセージを発信する。

第1部 “コロナ禍”を生き抜く経営戦略

コロナ禍において、いかに企業を存続させ、経済を維持・発展させるのか。これからの時代を生き抜く為のM&Aを活用した経営戦略について、ご紹介致します。

講師:日本M&Aセンター 代表取締役社長 三宅 卓

1991年に、日本M&Aセンター設立に参画。設立以来、数百件のM&Aの仲介、成約に携わる。豊富な経験をもとに、現在も中堅・中小企業M&Aの第一人者として、多くの経営者への助言を行なっている。

第2部 アフターコロナ後に経営者が考えるべきお金の話

自身もレバレッジ戦略によって株式会社出前館を成長させてきた、元出前館社長の中村と、お金のプロであるレオス・キャピタルワークス 代表取締役社長の藤野氏により、①企業経営に必須となるレバレッジ戦略、②経営者個人が考えるべきお金の話 をテーマにお話いただきます。


講師:日本M&Aセンター 専務執行役員CCO 中村 利江

日本最大級の宅配ポータルサイト「出前館」を運営する株式会社出前館のエグゼクティブ・アドバイザー、出前館元社長。関西大学在学中、女子大生のモーニングコール事業を立ち上げ学生起業家となる。卒業後、株式会社リクルートへ入社し、1年目でトップセールスとなりMVP賞を受賞。出産退職後、マーケティング等に関わった後に、現在の株式会社出前館の代表となり約20年にわたり事業を拡大。上場に導いたうえ、時価総額2,000億円を超える会社へと成長させた。

講師:レオス・キャピタルワークス株式会社
代表取締役 会長兼社長CIO(最高投資責任者)藤野 英人 氏

1966年富山県生まれ。1990年早稲田大学法学部卒業、野村投資顧問入社。以後96年よりジャーデン・フレミング投信・投資顧問(現JPモルガン・フレミング・アセット・マネジメント)、2000年よりゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントにて、ファンドマネジャーを歴任。特に中小型株および成長株の運用経験が長い。2003年独立し、レオス・キャピタルワークス株式会社を創業。主に日本の成長企業に投資する株式投資信託を運用。一般社団法人投資信託協会理事。投資教育にも注力しており、JPXアカデミー・フェロー、東京理科大学上席特任教授、早稲田大学政治経済学部非常勤講師、叡啓大学客員教授も務める。近著に、『投資家みたいに生きろ』(ダイヤモンド社)、『ゲコノミクス 巨大市場を開拓せよ!』(日本経済新聞出版)、『14歳の自分に伝えたい「お金の話」』(マガジンハウス)。

日程および会場

ライブ配信   7月8日(木) 15:00~17:00
オンラインセミナー参加のためのURLは、事前にメールでご連絡いたします。

お申込み

参加費 : 無料

参加申し込みはこちら
※競合他社様のご参加はお断りする場合がございますので予めご了承ください。