MENU
CLOSE

M&Aレポート

日本企業がベトナムの建設会社を買収 ~シンガポール・オフィス本格稼働~

2016.7.12

  • 建設・不動産

Facebook Tiwter LINE

(写真)6月16日 シンガポール・オフィス開設記念セミナーの様子

日本企業がベトナムの建設会社を買収 ~シンガポール・オフィス本格稼働~

弊社ではここ数年益々増加している日本企業の海外進出及び海外子会社の売却などに伴うクロスボーダー案件に対応するため、3年前より海外支援室を設置しており、今年4月よりシンガポール・オフィスを開設しております。

弊社では、従前よりASEANにおけるM&Aニーズを広く集めておりますが、中でも昨今は建設業、住宅・不動産業関連のニーズが増えております。

6月には弊社の支援により、日本の未上場の建設会社によるベトナム企業の買収が実現いたしました。技術力のある日本企業と提携し、日系企業始め海外の企業からの受注を増やしたい現地企業と、現地の労働力の確保や当該地域への積極的な展開を狙った日本企業のニーズが合致して成約した案件になります。

技術・ノウハウ、ブランドイメージのある日本企業のグループ入りをしたいと多くのご相談をいただいておりますので、建設業、住宅・不動産業においても今後もこのようなクロスボーダー案件の成約は増えてくるものと考えております。

6月16日にはシンガポール・オフィス開設記念セミナー・パーティーを現地で開催させていただき、300名弱の方々にご臨席賜りました。

7月には、東京・大阪・名古屋・札幌の4会場で、「シンガポール・オフィス開設記念 ASEAN M&Aセミナー」を開催致します。

クロスボーダーM&Aを検討している、あるいは関心がある方は是非ご参加いただければと思います。

同志社大学商学部卒業。在学中に、外食事業会社の取締役として8年間経営に携わる。2012年公認会計士試験合格後、大手監査法人にて外資証券会社及び国内PEファンドの財務監査及び内部統制助言業務に携わる。その後大手M&Aアドバイザリー会社を経て日本M&Aセンターに入社し、建設業界のM&A成約に取り組む。AIベンチャー企業とJFEエンジニアリングのM&A、上下水道工事会社とミライトとのM&Aを手掛けた。

M&Aアドバイザー
建設・不動産業界支援室
高山 義弘