MENU
CLOSE

M&Aレポート

2015年度の全国M&A成約件数は過去最高の532件!全業種中で最もM&Aが盛んなIT・ソフトウェア業界

2016.8.19

  • IT

Facebook Tiwter LINE

ITソフトウェア業界は、M&A件数が2015年に532件と全業種中で最も多く、過去最高を記録しました(MARRデータベースより)。買収金額でみると75%以上が10億円未満の案件であり、中小企業におけるM&Aが活発化しています。

業績環境が良い時期にM&Aを検討する企業が急増中

マイナンバー制度システムなど、大規模プロジェクトがピークを終え、大型案件が一巡した後2016年は、IoTやAI、VRなど新サービスの提供形態に対応、順応できるのかという課題もあり、各企業は業界環境の良い今、次世代に備えるべく、M&Aを積極的に行っています。

技術者不足の深刻化

長引く不景気で手控えられてきた企業のIT投資が活発化、ITソフトウェア企業の多くが増収増益となり、その結果引き起こされているのが、技術者不足の問題です。 「IT人材白書2016」によると、IT人材の「量」に対する過不足感は、「大幅に不足している」と「やや不足している」と回答した人が約9割を占めるほど、技術者不足問題が深刻化しています。

ビジネスモデル自体の変化

クラウド化やIoT技術の進歩により、システムは「所有」するものから、「利用」するものへと大きく変わりつつあります。この環境変化を先取りし、いち早くビジネス化を目論む企業は、自社にはない技術や機能を持つ他社と、戦略的M&Aで資本提携する事例が増加しています。

2016年9月に全国5会場で開催する『ITソフトウェア業界 経営者のためのM&Aセミナー』は、「人材が採用できない」「後継者がいない」「技術革新で先行きが不安」「他社と連携して成長したい」このようなお考えをお持ちのITソフトウェア業界の経営者様向けM&Aセミナーです。ぜひご参加ください。

外資系金融機関を経て、日本M&Aセンターに入社。業界再編部の立ち上げメンバーであり、2012年から、調剤薬局業界・IT業界を中心に、中小零細企業から、上場企業まで数多くの友好的なM&A、事業承継を実現している。これまで主担当として70件以上を成約に導いており、国内有数のM&Aプレイヤーの1人である。顧客満足度評価は、日本M&Aセンターのコンサルタント約500名中1位。

業界再編部 部長
瀬谷 祐介