MENU
CLOSE

M&Aレポート

【ニュースリリース】薬剤師独立開業支援にてメディカルリソース社と業務協力を開始

2016.8.26

  • 調剤薬局

Facebook Tiwter LINE

薬剤師独立開業支援にてメディカルリソース社と業務協力を開始

株式会社日本M&Aセンター(本社:東京都千代田区 / 代表取締役社長:三宅 卓)は、東証一部上場の日本調剤株式会社のグループ会社である株式会社メディカルリソース(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:三津原 博)と、薬局の独立開業を希望する薬剤師と薬局の売却を希望するオーナーとを引き合わせる独立開業支援について、業務協力を開始いたしました。

薬剤師の人材不足や後継者不在などを理由に第三者へ譲渡を希望する薬局経営者が増加しています。そのような業界事情を背景に、メディカルリソース社は、強みでもある全国15拠点のネットワークを活かし、薬剤師個別に面談を実施する”Face to Faceのサポート”にて、人材紹介派遣のみならず、長期的なキャリア形成の一貫として独立開業を希望する薬剤師の需要を掘り起こしていきます。

一方、調剤薬局業界のM&Aに多数の実績を誇る日本M&Aセンターは、独立開業を希望する薬剤師に対し、譲渡を希望する薬局情報の提供のみならず、収支計画や資金調達、行政手続きまでサポートすることで、双方の需要に応える形で業界のM&Aを加速させます。

全国に約5万5千店舗あるといわれる調剤薬局業界は、他の業界に比べ大手上位の5社の売上げを合わせても全体の数%程度と中小規模が多いため、今後統合・集約がますます加速していくとの見方があります。日本M&Aセンターでは、2012年より調剤薬局支援室を設置し専門コンサルタントがM&A支援を行っており、今後もますます多くの全国の調剤薬局の存続と発展を支援してまいります。

青山学院大学経済学部卒業後、大和証券株式会社を経て、日本M&Aセンターに入社。 入社以来、調剤薬局業界の担当として地域問わず、中堅中小企業のM&Aに取り組む。 2020年3月度全社年間最多成約数を記録。

課長
調剤薬局業界支援室
沖田 大紀