MENU
CLOSE

M&Aレポート

第2回 調剤薬局業界経営サミット 開催レポート

2017.2.16

  • 調剤薬局

Facebook Tiwter LINE

2017年2月12日(日)、東京、金沢、仙台、松山にて第2回調剤薬局業界経営サミットが開催された。今回の講演は日本調剤株式会社と日本M&Aセンターがタイアップをしており、第1部の日本調剤常務取締役・三津原庸介氏の特別講演内容は、(1)日本調剤の考える地域医療 (2)調剤薬局業界の10年後 である。 第2部では“地域薬局のM&Aが急増”というテーマで2016年に相次いだ地域No.1薬局の譲渡事例などが解説された。

参加者の目的

昨今調剤薬局業界のM&Aが増加していることは周知である。しかしながら実際に買収や譲渡を実行する企業はまだまだ全体の母数を鑑みると極僅かである。実際に調剤薬局経営者はM&Aをどのように捉えているのであろうか。 今回「調剤薬局業界経営サミット」に参加頂いた薬局オーナーのアンケート(一部)を紹介する。 譲渡を検討している経営者の割合は、当チームが把握していた状況よりも高くなっていることがわかった。調剤薬局業界は数年前より売り手市場が続いており、1社の譲渡企業に対し10社、20社と買い手が手を挙げることも珍しくはなかった。しかしながらこのアンケートでは、譲渡:買収の比率が約1:4である。サンプルバイアス(譲渡に興味のある経営者が参加する可能性が高く、市場全体の割合と比較し高くなる)が働いていることを考慮しても、高い割合となった。“その他”の参加理由としては、業界動向を知るため、業界研究のため、売上増加施策実施のため、などがあった。多くの経営者が今後の業界動向に注視しており、自社の成長戦略・生き残りのために買収と譲渡を両睨みで検討していることが窺い知れる。

2017年の調剤薬局のM&A動向予測

2017年度調剤薬局業界のM&A動向は一体どのようになるのであろうか? 日本M&Aセンターの調剤薬局M&Aの成約件数推移から興味深い法則が浮かびあがる。調剤報酬改定の前年に件数が急増するというものだ。2012年度から2013年に成約件数が倍増し、2014年度から2015年度も再び成約件数が倍増していたのである。つまり、今年2017年度は2018年の調剤報酬改定を控え、昨年2016年度よりも大幅にM&Aが増加すると予測できる。調剤報酬改定への不安をはじめ、後継者問題など複合的な理由で、多くの経営者が先々の業界環境を敏感に察知し次の一手を打っていくだろう。

10年後の調剤薬局業界はどのようになっているのか?

調剤薬局の数が減少していくことはほぼ間違いなく、また、調剤薬局に求められる機能も現在と比較し飛躍的に増えているであろう。業界全体が過渡期である今、各社が将来のビジョンを描き、様々な戦略を練っていく上では、情報収集が欠かせない。競合の大手調剤薬局がどのようなビジョンを描いているのか、薬局のM&Aを数多く見ているコンサルタントはどのような傾向の未来を見通しているのか、はたまた国の方針はどのようになっているのか、などの情報を集めることが大切だ。

第2回調剤薬局経営サミットは以下の日程で来週以降も順次開催される。

【特別会場】 大阪2/19(日) 福岡2/25(土) 名古屋2/26(日) 札幌3/5(日)
【通常会場】 熊本2/19(日) 神戸・広島2/25(土) 福島・千葉・大分2/26(日) 静岡3/5(日)

【第2回】調剤薬局業界《経営サミット》に参加ご希望の方は、下記のよりお申込み下さい。

【第2回】調剤薬局業界《経営サミット》

休日にも関わらず150名以上の調剤薬局経営者が集った

講演を行う日本調剤常務取締役・三津原庸介様

日本M&Aセンター業界再編部長・渡部

講師紹介

第1部講師(特別講師):日本調剤株式会社 常務取締役 三津原 庸介 氏

平成11年一橋大学商学部卒業。平成11年日本調剤株式会社入社後、株式上場準備の責任者として会社管理体制を構築し、東証1部上場を達成させる。その後、M&Aだけではなく、広報、薬剤師採用、電子お薬手帳、新規事業、保険代理店事業の責任者として従事。平成28年10月の水野薬局のM&Aの責任者。業界内の各種講演会の実績多数。

第2部講師:日本M&Aセンター 業界再編部長 渡部 恒郎

調剤薬局M&Aの第一人者京都大学経済学部在学中にベンチャー企業の経営に参画。 卒業後、2008年日本M&Aセンター入社。業界再編M&Aの第一人者。過去90件を超えるM&Aを成約に導き、中小・中堅企業M&AのNO.1コンサルタントとして業界を牽引している。 テレビ朝日「報道ステーション」。テレビ東京系列「ワールドビジネスサテライト」・「ガイアの夜明け」、日本経済新聞、朝日新聞、東洋経済、日経MJなどのマスメディアで取り上げられている。 著書に「『業界再編時代』のM&A戦略」(幻冬舎)。

青山学院大学経済学部卒業後、大和証券株式会社を経て、日本M&Aセンターに入社。 入社以来、調剤薬局業界の担当として地域問わず、中堅中小企業のM&Aに取り組む。 2020年3月度全社年間最多成約数を記録。

ディールマネージャー
調剤薬局業界支援室
沖田 大紀