MENU
CLOSE

M&Aレポート

不動産・住宅事業オーナーによるM&A体験談

2017.4.21

  • 建設・不動産

Facebook Tiwter LINE

不動産・住宅事業オーナーによるM&A体験談

建設・住宅・不動産業界では、「団塊の世代の経営者の事業承継問題」「2020年以降を見据えた成長戦略」「業界の垣根を越えた業界再編」などから、M&Aが増加しています。

日本M&Aセンターの仲介実績においても2014年31組、2015年35組から、2016年は58組と大幅に増加しております。

今回はM&Aを検討されている、または勉強をしたいという経営者様のためにM&A体験談を企画させていただきました。

M&Aを検討されている経営者の方は元より、「事業を成長させたい・安定させたい」「事業承継を検討している」「他社の動向が気になる」などという幅広い経営者の方々にお聞きいただきたいと思います。

体験談の講演者は株式会社ジャパンマーケティング前代表取締役の関様です。

関様は会社の安定的な成長のために県内の有力企業とのM&Aを決断され、現在は相手先企業の顧問に就任し、新たな取り組みをされています。

今回の体験談では、
・M&Aを検討するに至った経緯、進め方について
・M&Aを成功させるためのノウハウ
・M&A実行後の現状について
などについて具体的にお話いただきます。

同志社大学商学部卒業。在学中に、外食事業会社の取締役として8年間経営に携わる。2012年公認会計士試験合格後、大手監査法人にて外資証券会社及び国内PEファンドの財務監査及び内部統制助言業務に携わる。その後大手M&Aアドバイザリー会社を経て日本M&Aセンターに入社し、建設業界のM&A成約に取り組む。AIベンチャー企業とJFEエンジニアリングのM&A、上下水道工事会社とミライトとのM&Aを手掛けた。

ディールマネージャー
建設・不動産業界支援室
高山 義弘