MENU
CLOSE

M&A仲介サービス

日本全国の
M&Aネットワーク

M&Aネットワークは
日本全国を網羅しています

日本M&Aセンターは全国のM&Aニーズに積極的に対応しており、全国レベルでマッチングを効果的かつ効率的に実現するため、全国を網羅するM&A情報ネットワークを構築しております。

現在、約300の地域金融機関(全国の地方銀行の9割、信用金庫の8割)、880の会計事務所、 約1,700の士業者、商工会議所(東名阪など全国)や、証券会社、ベンチャーキャピタル、コンサル会社などと連携し、当社のデータベースを補完して全国から最適なM&Aの相手をお探しします。(2020年6月末時点)

M&Aネットワークのメリット

M&Aのマッチングにおいて、ネットワークは大きな役割を持ちます。
“最高のお相手”は、全国各地にいる可能性があるからです。

  1. 情報量が飛躍的に増加し、
    顧客の選択肢が増える
    1社単独では情報量に限界がある中、ネットワークを活用して多くの情報を持つ仲介者の支援を受けることは選択肢を増やすことにつながります。
  2. 信頼を高めることができる
    日本M&Aセンターと紹介元の二重のスクリーニング機能を通過したことになり、情報の信頼性が増します。M&A支援者としても安心して進めやすいということがありますし、M&Aの提案先にも安心していただきやすくなります。
  3. 本格的なM&Aの検討に
    すぐ入ることができる
    信頼できる会社からの譲渡情報を入手したい買い手企業は安心してM&Aの検討に入っていただくことができます。
  4. 成約率が高まる
    企業風土が合致し、シナジーが合う相手をいかに見つけるかというマッチングはM&Aで最も難しいテーマの一つです。社内外のM&Aネットワークを活用することで、マッチングの可能性を広げられます。地域の企業情報をカバーする当社ネットワーク先は当社受託案件のM&A成約率向上に大きく貢献いただいています。